HGUC1/144『MS-08X/S イフリート・シュナイド』改修完成品レビュー

完成品レビュー

□HGUC1/144『MS-08X/S イフリート・シュナイド』改修完成品レビュー

■はじめに

ご閲覧いただき誠にありがとうございます。
HGUC1/144『MS-08X/S イフリート・シュナイド』改修完成品レビューです。

■製作コンセプト

ピンバイスにて穴あけ、スジボリ、合わせ目消し処理とうをメインで改修しました。
ヒート・ダートはすべて先端をやすりにてシャープ化しています。
成形色は少し明るく感じたので、トーンを落としてリアル風に仕上げてみました。

10年以上の長い改修を繰り返し、U.C.0096年トリントン基地襲撃戦において引けを取らない活躍を見せたこのイフリート・シュナイド。

よろしければ最後までご閲覧ください。

 

■改修内容

■カラーレシピ

※全エアブラシ塗装
・基本下地:ガイアカラー メカサフ
・パープル:ガイアカラー パープルヴァイオレット+レッド+グレーetc
・ワインレッド:ガイアカラー ブライトレッド+ブラック+ブルーetc
・オレンジ:ガイアカラー 黄橙色+レッド
・ホワイト:ガイアカラー Exホワイト+グレー少量
・グレー:ガイアカラー ニュートラルグレーⅣ
・フレーム:ガイアカラー ガンメタル
・コート:Exフラットクリアーつや消し+Mrカラーフラットベースなめらか・スムース

 

以上、HGUC1/144『MS-08X/S イフリート・シュナイド』改修完成品レビューでした。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です