RG1/144『RX-0 ユニコーンガンダム[MAD-NUG]』改修完成品レビュー

完成品レビュー

□RG1/144『RX-0 ユニコーンガンダム[MAD-NUG]』改修完成品レビュー

■はじめに

ご閲覧いただき誠にありがとうございます。

RG1/144『RX-0 ユニコーンガンダム[MAD-NUG]』改修完成品レビューです。

■製作コンセプト

今回は「機動戦士ガンダムUC」エピソード3とRE:0096の第9話のラスト、
ユニコーンガンダムがデストロイモードに変身したシーン、
劇中で流れる「MAD-NUG」というBGMをイメージして制作しました。

目の前でフロンタルにダグザを葬られたバナージの怒り、悲しみを表現したく、
ホワイト部分はトーンを落として塗装してみました。

サイコフレーム部分は最後まで悩みましたが、
クリアパーツの透明感を失いたくなかったので、
メタリックレッド→蛍光ピンクの順に上から塗装しています。

今回はデストロイモードのみの再現なので、ユニコーンモードへの変形はオミットしています。

絶望の世界の中で、一人の大人から希望を託された白き可能性の獣。

よろしければ最後までご閲覧くださいませ。

 

■改修内容

■カラーレシピ

※全エアブラシ塗装
・基本下地:ガイアカラー メカサフスーパーヘヴィ、ヘヴィ
・ホワイト:ガイアカラー ピュアホワイト+ニュートラルグレー等
・ブルー:ガイアカラー ウルトラブルー+ニュートラルグレー
・グレー:ガイアカラー ジャーマングレー
・フレーム:ガイアカラー ガンメタル
・コート:Exフラットクリアーつや消し+Mrカラーフラットベースなめらか・スムース

 

以上、RG1/144『RX-0 ユニコーンガンダム[MAD-NUG]』改修完成品レビューでした。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です