HG1/144 ジム 完成品レビュー(アップデート計画)

制作テクニック

みなさま

ご閲覧いただき誠にありがとうございます。

 

今回はHGジムの大型アップデートを実践してみました。

 

最近オリジンシリーズのジム系を制作していましたら、

ドーーーーン!

ジム「最近のジム系はかっこいいな~(スタイルいいし・・・)」

ジム「俺も、あんな風になりたい・・・!」

 

 

と、

昔作ったHGUCジムの

心の声が聞こえた(気がした)ので、

今回この企画を実践してみました。

 

□HGジム・アップデート計画

〇アップデート検証

HG1/144ジムです。

以前制作したもので比較します。(当時ウェザリングしていました・・・)

発売当時は2001年と、もう17年以上も前になるのですね。

(歳とったなぁ・・・)

 

安価で作りやすく、ガンプラ初心者の方にもオススメのキットだと思います。

前回制作した、

HGジムインターセプトカスタム素組みとの比較です。

 

比較するとスタイルの差は歴然・・・

ガンプラの進化が伺えますね。

前回のインターセプトカスタムを制作している時に、

これは少し手を加えればジムになるのでは?

と頭の中で妄想をし、上記画像の箇所を改修することにしてしみました。

 

 

〇使用キット

今回使用したキットは、下記の2つです。

・HGUC1/144スケール  191 RX-78-2ガンダム

・HG  1/144スケール  ジム・インターセプトカスタム

 

素体はインターセプトカスタムを使用。

RX-78-2ガンダムは、武装とうで使用しました。

 

〇改修内容

頭部パーツはいつもの通り合わせ目けしを実施。

両耳?の部分は、

・コトブキヤ モデリング サポートグッズ プラユニット ハッチ

のパーツを使用しました。

制作途中の画像を取り忘れてしまったので、

完成品での解説になりすいません・・・。

 

脚部パーツは上記画像の

スネ部分の突起をニッパーでカットし、

紙やすりで仕上げました。

改造個所で一番難点だった胴体パーツです。

コックピットハッチを

上記画像のようにスジ掘りしました。

 

スジ掘りに使用したのは、

毎度お馴染みBMCタガネ 幅0.2mmです。

あとは全体のパーツのモールドの掘り起こしと、

スジ掘りによるディティールアップをし、改修は終了です。

 

残り基本塗装、墨入れ、デカール貼、艶消しトップコートにて

仕上げ完了です。

 

〇頭部パーツ

カメラアイのクリアパーツは、

一度サーフェイサーからの、

黒→シルバー→メタリックグリーンにて塗装しています。

内部機械が見えず多少残念でしたが、これはこれでカッコよくできました。

 

〇胴体パーツ

全体的なディティールアップは、

前回のジムインターセプトカスタムとうと同様で、

RGガンダムを意識しています。

 

後ろバーニア内部にはメタルビーズを追加しています。

 

〇腕部パーツ

こちらもインターセプトカスタムとうと同じディティールアップ。

 

〇腰部パーツ

腰部パーツは特に回収個所はありません。

塗装とデカールのみです。

オリジンのジムとはデザインが大きく異なりますが、

そのまま使用してみました。

 

〇脚部パーツ

スネ部分を改修し、

バーニア内部にはメタルビーズを追加しています。

 

〇武装

ハイパーバズーカとシールドは、

・HGUC1/144スケール  191 RX-78-2ガンダム

のものを流用しています。

ハイパーバズーカのマウントは、

HGUC1/144スケール  191 RX-78-2ガンダムのものを少し改修して使用しています。

 

〇全体レビュー

今回はRGガンダムを意識したディティールアップと、

デカールも市販のRGガンダムのものを使用しました。

HGジムと比較し、だいぶスタイリッシュになりました。

もはや別物ですね。(当然ですが・・・)

 

RGガンダムと。

こうやって比較すると、RGガンダムの密度には感服します。。

ですが量産型ということで、コアブロックシステムなど簡易化されているので、

全体的に丁度いい感じが出せたかなと思います。(思いたい・・・)

 

 

〇完成品レビュー

 

〇ジムジムジムジム

オリジンシリーズのジム達と。

やはりジム系はかっこいいです。

いろんなバリエーションがあって男心に火が付きます。

こうゆうシーンも劇中で再現してほしいですね。

「俺たちがジムだっ!!!」

 

 

〇最後に

今回はHGジムを、最近のジム系にアップデートしてみました。

元キットは一切しようしませんでしたが、

オリジンジムを少しの改修で制作できるので、

皆さまも機会がありましたら是非試してみて下さい。

 

以上、

「HG1/144 ジム 完成品レビュー(アップデート計画)」でした。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です