プラスαでガンプラを更にカッコよく!RGダブルオークアンタ制作

制作テクニック

ご閲覧いただき誠にありがとうございます。

タガタメです。

 

今回は「RG 1/144 ダブルオ―クアンタ」の制作レビューを紹介したいと思います。

 

RGシリーズは同サイズのHGと比べ、

パーツ数は約2倍強です!

 

素組みだけでも、MGシリーズなどに匹敵するクオリティです。

ですが、少し手を加えるだけで更にかっこいいガンプラができあがります!

 

・ガンプラはどうやってつくればいいのか?

・ガンプラをもっとカッコよくするにはどうしたらいいのか?

 

など、この一年で私が培ってきた制作方法を踏まえ、

記事にてご紹介させていただきます。

 

 

プラスαでガンプラを更にカッコよく!RGダブルオークアンタ制作

■商品詳細

箱になります。

他のシリーズと違い、RGは顔と全体像の構成で、

毎回デザインが統一されています。

高級感のあるかっこいいデザインですね。

 

説明書です。

パッケージの頭部がドアップです。

 

全ランナー、パーツです。

他のRGシリーズと比べて、

クアンタは比較的少なめに感じました。

(それでも多いですが・・・(^^;))

 

 

■素組みレビュー

はい、いきなり素組み完成です。笑

制作時間はおよそ2~3時間といったところでしょうか。

やはり素組みでも十分カッコいいですね。

 

RGは最近のMGと同様、内部フレームがあり、

それにパーツを付けていく構造になっています。

パーツ数が多い分、情報量も多いです。

さすがRGシリーズ。このままでも飾れるレベルですね。

 

 

 

しかし、今回はこのRGクアンタを

いくつかの制作方法で更にカッコよくしたいと思います!

 

 

■制作①モールドの掘り起こし

ガンプラのパーツには「モールド」がそれぞれあります。

パーツに引いてある線ですね。

 

溝が深ければいいのですが、

浅いと塗装後の墨入れがしにくくなります。

※墨入れは私は「タミヤ スミ入れ塗料 (ブラック)」を使用しています。

 

それでは早速モールドを掘り越していきましょう!

上の画像の、足モモ裏のパーツになります。

 

モールドの掘り起こしで使用するのは、

愛用している「BMCタガネ 幅0.2mm」になります。

 

 

タガネは本当によく掘れます。

パワーがダンチです。←

 

ですので、少しでも力を入れすぎると

パーツが傷だらけになります。。。

↑画像のようにモールドに沿ってゆっくりと引きます。

 

↑タガネによりモールドを掘り起こしました。

いかがでしょう?

溝が深くなりました。

これで墨入れがくっきりとできるようになります。

 

 

タガネで線を引いた後は、

パーツの表面が傷ついてるので、

仕上げに紙やすり(400~1,000番)で綺麗にします。

 

その他にも、↑画像のように、

モールドなしの部分もタガネで線を引きます。

 

処理前と後を比較して下さい。

まるで複数のパーツで構成されているように見えますでしょうか?

 

人の顔でもそうですが、

堀が深いととても良く見えるものなのですね。笑

 

 

■制作②マスキング色分け

基本塗装後、次はマスキングテープを使用した

パーツの色分けをしてきます。

 

既存のモールドに沿って色分けしたり、

タガネによるスジボリで新たに情報を増やして実施したりします。

 

↑画像、腰のここです。

↑画像の個所をマスキングにて色分けします。

マスキングテープで色分けしたいところ以外を覆います。

今回は「タミヤTS-32 ヘイズグレイ」にて塗装しました。

↑画像のように色分けができました。

少しはみ出した部分などは後で修正します。

 

 

続いては、モールド掘り起こし+マスキング色分けです。

↑画像、胸パーツのこの部分です。

タガネによるモールドの掘り越しをします。

画像が荒くすいません。。

・手前「GSIクレオス ガンダムカラースプレー MSブルーZ系」

・後ろ「GSIクレオス ガンダムカラースプレー MSライトブルー」

上記二色にて色分け塗装をしました。

 

その他も同じ手法で、↑画像のように色分けをしました。

やはり色の情報が増えるだけでも、よりリアルになります。

 

内部フレームの関節部分も、

シルバーでマスキング色分けを実施。

金属部分が映えてよりメカっぽくなります。

 

 

■制作③墨入れ

次はパーツの墨入れです。

ガンプラの制作として基本的な部分になります。

 

墨入れは先ほどご説明した、

「タミヤ  スミ入れ塗料 (ブラック)」を使用します。

こちらはエナメル塗料の流し込みタイプになります。

↑画像のように、塗料がはみ出してしまいました。

綿棒でふき取ったりもできるのですが、

そうするとモールドの塗料もふき取られてしまうので、

何度もやり直しになってしまいます。

 

そこで役立つのが、

「メラミンスポンジ」です。

私は100均一のを使用しています。

↑画像のように、

はみ出し部分をメラミンスポンジでふき取ります。

※こちら粉が飛ぶので、マスクなどをしながらの作業をオススメします。

※つやなし塗料のですと、色剥げがあるので注意してください。

 

メラミンスポンジではみ出し部分をふき取りました。

いかがでしょう?

綺麗に墨入れができました。

 

■一旦レビュー

墨入れ作業も終了し、

付属のデカールを貼ります。

いかがでしょう?

基本塗装。モールド掘り起こし、色分け、スミ入れ、デカール貼

これだけでもかなりカッコよく仕上がっていませんか。

 

しかし、まだ制作は終わりません。

最後に「レッドポイント」を各部に追加したいと思います。

 

 

■制作④レッドポイント

最後に、多くのモデラ―さんたちが実施している、

レッドポイントの追加をします。

 

レッドポイントは、

エバーグリーンのプラ材0.25×0.5mmを使用します。

こちは「タミヤ スプレー No.08 TS-8 イタリアンレッド 」で

塗装をし、↑画像のようにデザインナイフで必要な長さにカットしていきます。

 

↑画像のように、

モールド部分などに接着していきます。

 

ちなみ接着剤を使用すると、

塗装が剥げる恐れがあります。

ですので、「タミヤ クラフトボンド」を使用します。

こちらなら接着後の調整も利き、塗装剥げの心配もありません。

↑画像のように、各部に追加していきます。

 

 

 

■完成レビュー

いくつかの作業をし、

ついに「RGダブルオ―クアンタ」完成です!

素組みとの比較です。

いかがでしょう?

元々のキットの良さもありますが、

少しの作業でこれだけ見違えることができます!

■今回の制作内容

・モールドの掘り起こし

・マスキング色分け

・墨入れ

・レッドポイント追加

 

今回は素組み→基本塗装のあとに

上記の4工程を実施しました。

 

〇カラーレシピ

・白①:クレオスホワイト
・白②:タミヤパールホワイト
・グレー:タミヤTS-32 ヘイズグレイ
・青:ガンダムカラーSG13 MSブルーZ系
・水色:ガンダムカラーSG14 MSライトブルー
・黄色:タミヤクロームイエロー→キャメルイエロー
・赤:タミヤブラック→シルバーリーフ→イタリアンレッド→MSレッド
・鉄:ガンメタル
・銀:タミヤブラック→シルバーリーフ

 

今回ご紹介した制作内容を

プラスで実施すれば、更にあなたのガンプラをカッコよくすることができます!

 

はじめは苦戦することは多いかもしれませんが、

技術は磨いていくものです。

 

私も最初は失敗ばかりでしたが、

数をこなす内に、徐々にできるようになってきました。

 

まずはやってみる!精神で、挑戦してみてください。

 

長文でしたが、最後までお読みいただきまして、

誠にありがとうございました。(^^)

 

以上、「プラスαでガンプラを更にカッコよく!RGダブルオークアンタ制作」でした。

この記事が、みなさまのガンプラ制作にお役立ちできれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です