HGUC1/144 ジムスナイパーⅡ 完成品レビュー

制作テクニック

ご閲覧いただきまして、

誠にありがとうございます。

タガタメです。

 

今回は「HGUC1/144 ジムスナイパーⅡ」を制作しました。

 

2012年発売と、比較的最近のキットで

関節も今のHGシリーズに負けず劣りません。

素組みです。

関節はそこまで問題ないのですが、

プロポーションで胴が短いですよね。

 

なので今回はプチ改造でプロポーションUPを目指し制作してみました。

 

□「HGUC1/144 ジムスナイパーⅡ」完成品レビュー

〇商品内容

ランナー数と付属シールです。

シールはカラフルで種類も多めです。

 

〇改造内容

上記画像のように、

今回は胴体の腹回りを改造します。

今回はミキシング用のキットに、

「HGUC1/144 RX78‐2ガンダム」を使用しました。

このキット、関節も優れていて、

値段も安いのでミキシングにオススメです。

上記画像の部分を好感します。

しかし、そのままでは

移植ができませんでしたので、プチ改造をしていきます。

まず、芯の長さが足りなかったので、

上記画像部分をニッパーでカットします。

続いて、穴あけツールの

「タミヤ クラフトツールシリーズ No.112 精密ピンバイス D-R (0.1-3.2mm) 74112」

で下画像のように穴をあけます。

同様に移植用のパーツも

同じサイズの穴をあけます。

※少し広さが足りないので、デザインナイフでガリガリして広げます。

次に芯となるパーツですが、

こちらはキットの余剰ランナーから切り出してきました。

上記画像のようにはめ込みます。

しかし、胴パーツと移植パーツの大きさが少し合いません。

上記画像のように、

移植パーツの上部分をカットします。

これでやっと丁度良く接続できました。

続いてMGのジムスナイパーⅡを参考に、

胴体部分をスジ掘りにてディティールアップしました。

 

スジ掘りに使用したのは、

毎度お馴染み「BMCタガネ 幅0.2mm」です。

 

また、腕パーツは、

「HGUC1/144 ブルーディスティニー3号機」のものを移植しました。

※画像取り忘れました・・・

 

〇全体レビュー

いきなりですが、

素組みと完成品の比較です。

 

いかがでしょう。

だいぶスタイル良くなったのではないでしょうか。(^^;)

RGガンダムと比較しても、

顔一個半くらい大きくなりました。

 

〇制作内容

・ニッパーでランナー切断
・アートナイフでゲート処理後、ペーパーがけ
(400→1000)
・各種改造作業
・サーフェイサー後、基本塗装
・墨入れ
・デカール貼り
・つや消しトップコートで仕上げ

 

〇カラーレシピ

・青①:ガンダムカラーSG14 MSライトブルー4

・青②:タミヤブラック→GSIクレオス ガンダムカラースプレー MSブルー

・赤:タミヤブラック→シルバーリーフ→イタリアンレッド

・グレー:GSIクレオス ガンダムカラースプレー MSグレー連邦系

・鉄:ガンメタル

・銀:タミヤブラック→シルバーリーフ

 

〇武装

キットの付属武器は色分け等を実施済みです。

今回は付属の他に、

「コトブキヤ M.S.G モデリングサポートグッズ ウェポンユニット バズーカ・ハンドガン」

を使用してみました。

ハンドガンは右足と両方にネオジムを仕込み、

磁石で脱着可能にしています。

 

〇完成品レビュー

後ろのバーニア部分にはメタルビーズを追加しています。

やはりスナイパーは、スナイパーしてるところが一番カッコいいですね笑

前作のHGジムストライカーと。

剣士と狙撃手という感じで好きなコンビです。

ジムスナイパーカスタムと。

同じスナイパー系でも全然外見は違います。

両機とも、カタログスペック上ではRX78‐2ガンダムを上回っているということなので、

劇中での活躍をもっと見てみたいですね。

 

〇最後に

いかがでしたでしょう。

今回ご紹介しました改造方法なら、

比較的簡単にHGジムスナイパーⅡをプロポーションアップできます。

みなさまも機会がありましたら、是非お試しください^^

以上、

「HGUC1/144 ジムスナイパーⅡ 完成品レビュー」でした。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です