『HG 1/144 ガンダムハルート』完成品レビュー

完成品レビュー
3

ご訪問いただき、誠にありがとうございます。

タガタメです。

今回は、「劇場版 機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-」に登場する、

『HG1/144 ガンダムハルート』完成品レビューになります。

■制作コンセプト

今年の私のダブルオ―ブーム第3弾目の作品になります。

エクシア、ダブルオ―など、主人公機などは

RGシリーズが展開されておりますが、

サブキャラの機体がRG化したらどうなるかを考え、

全体的にRGシリーズのデザインを意識し、制作をしました。

 

■制作内容
・ニッパーでランナー切断
・アートナイフでゲート処理後、ペーパーがけ
(400→1000)
・スジ堀りとうで各部ディティールアップ
・サーフェイサー後、基本塗装
・墨入れ
・デカール貼り

・各部レッドポイント追加
・半光沢トップコートで仕上げ

 

〇素組み比較

〇頭部パーツ

アンテナ各種のシャープ化

合わせ目消し済みです。

こうやって見ると、

ホントにイケメンですこのガンダム。

シリーズの中でもトップクラスではないでしょうか。

 

〇胴体パーツ

今回一番こだわったパーツになります。

「BMCタガネ0.2㎜」を使用し、初のスジボリに挑戦しました。

探りさぐりでRGを意識し、胴体をディティールをアップ。

ここが分かれていそうなどと、RG、MGシリーズなどを参考に改修。

やはり情報が増えると密度が増してリアルになります。

 

〇腕部パーツ

腕パーツもスジボリとパーツ切り離しでディティールアップ。

先端の色を変えたりと、こちもRGシリーズを意識しました。

些細なパーツの色分けが、よりキットをリアルにします。

 

〇腰パーツ

こちらもスジボリにてディティールアップ。

 

〇脚部パーツ

スジボリと色分け、レッドポイントとうでディティールアップしました。

足はピンバイスで穴あけをしています。

 

〇バックパック

バックパックはほぼ無改造です。

元キットのできがよく、特にスジボリによるディティールアップとうはしませんでした。

レッドポイントを追加し、少しだけディティールをアップ。

 

〇武装

GNソードライフルもほぼ元キットのままです。

マスキングとシールのあまりのシルバー部分を使用しました。

とても大型の武装のため、迫力のあるものになります。

 

〇全体レビュー

ハルートは本体は細身ですが、

バックパックなど重武装のため、力強い印象があります。

 

今回は元キットのプロポーションも良さを活かし、

特段追加の素材は使用しておりません。

 

スジボリのみでこれだけ印象が変わるので、

改造にしがいありとても満足できるキットでした。

 

 

次回また作る機会があれば、

最終決戦仕様の制作に挑戦してみたいです。

以上、HGガンダムハルート完成品レビューでした。

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

めっちゃかっこいいです!
ハルートが一番好きでこの記事を参考にガンプラ作ってみたいんですけど、初心者で細部の塗装などで分からないところがあって教えて欲しくてコメントさせていただきました。
白のラインとマーク、赤の小さな文字、はどのように塗るのですか?
腕パーツのパーツ切り離しというのはゲート処理を丁寧にするということですか

コメントありがとうございます。
パソコンが開けておらず、返信が遅くなりましてすいません。。

>>白のラインとマーク、赤の小さな文字、はどのように塗るのですか?
→こちらは、市販のガンプラ用のデカールを貼っています。
↓amazon URL
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

>>腕パーツのパーツ切り離しというのはゲート処理を丁寧にするということですか
→こちらはパーツを一度切り離してからもう一度接着をし、
パーツ度とに独立しているように見せています。

わかりずらいかもですが、ご確認の程よろしくお願いいたします^^

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です