『HG1/144 リボーンズガンダム』完成品レビュー

完成品レビュー

 

 

ご訪問いただき誠にありがとうございます。

タガタメです。

 

今回は私の大好きな機動戦士ガンダム00のラスボス、

『HG1/144 リボーンズガンダム』完成品レビューになります。

 

■制作コンセプト

前回のHGサバーニャに引き続き、

私の今年のダブルオ―ブーム第2弾目の作品になります。

搭乗者のリボンズ・アルマークの声優である、

古谷徹さん繋がりで、アムロ・レイの登場した

『MGνガンダムver.Ka』のデザインをイメージして制作しました。

ラスボスに相応しいように、全体的に重量感のある作品に仕上げました。

また、今回はファングを展開できるよう、ギミックにもこだわりました。

是非、最後までご覧いただけますと幸いです。

 

〇素組み比較

■制作内容
・ニッパーでランナー切断
・アートナイフでゲート処理後、ペーパーがけ
(400→1000)
・プラ板、スジ堀りとうで各部ディティールアップ
・サーフェイサー後、基本塗装
・墨入れ
・デカール貼り
・各部レッドポイント追加
・半光沢トップコートで仕上げ

 

〇頭部パーツ

アンテナシャープ化

合わせ目消しとうをしました。

 

〇胴体パーツ

胸部はプラ板を追加し、スジボリにて情報量を追加しました。

ほとんど初めての作業だったので、何回かやり直しました。(^^;)

脇腹にはピンバイスで穴あけをし、メタルパーツを追加。

 

〇腕パーツ

今回一番ディティールを意識したパーツになります。

『MG νガンダムver.Ka』の肩パーツをイメージしています。

透明プラ板をクリアーオレンジで塗装し、

GNコンデンサとして付け加えました。

 

両腕のGNドライブは、オリジナルだと少し小さく感じたので、

HGダブルオ―ガンダムの物を流用しました。

こちらもクリアーオレンジで塗装した透明プラ板を付け、

ディティールアップしています。

 

〇腰パーツ

サイドパーツはパテにて穴埋めをしています。

その他プラ材にてディティールアップしました。

 

〇脚部パーツ

リボーンズガンダムは足が細いイメージがあったので、

脚部は全体的にメタルパーツとジャンクパーツにて

ディティールアップしました。

リボーンズキャノンに変形するとゴツイイメージになります。

 

〇ファング

今回の一番の醍醐味は、ファングです。

腰の小型ファングはパーツを切り出し、

パテ埋めとネオジムを仕込みました。

フィンファングも背中の接続部にネオジムを仕込み、

脱着可能となっております。

やはり磁石の力はスゴイ(というか便利・・・)と実感しました。

 

〇武装

神を自称するリボンズに相応しいような武器はないかと思い、

神といえば槍のイメージがあったので(なんとなく)、

コトブキヤの「ヘヴィウェポンユニット12 ガンブレードランス」を

色を変えて専用武器にしてみました。

これは刹那のダブルオ―ライザーのGNソードⅢと同等の性能で、

人類の未来をかけた最後の対決を想定しました。

 

〇リボーンズキャノン

脚部をゴツくしたので、

全体的に重量感のある機体になれたかなと思います。

 

初登場時は、「うえっ!?」って思ったのを覚えています。(^^;)

ラスボスの登場を待ちに待ち、

まさか出てきたのが、あ、赤い四角い機体????

って感じで目が点になりましたね。

そしたらまさかの前後が入れ替わるというまさかの特殊機!

リボーンズキャノン(ガンキャノン)が、背中にいるとは・・・

味方を信用しないリボンズらしい大胆な機体ですね。

 

〇全体レビュー

今回制作したリボーンズガンダムは、

ラスボスの中で特に好きな機体です。

リボーンズガンダムは今回で2体目になります。

左←2017

右→2018

前回と比較して大幅にディティールアップできたかなと思います。

00系のHGシリーズは、

10年以上前のキットとは思えないくらい

出来がいいです。

プロポーション

ギミックなど

 

作りがい、改造のし甲斐もあるので、

みなさんも是非制作してみてください。

 

以上、HGリボーンズガンダムレビューでした。

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です